松浦雅也+大野貴博「Viva Vinyl Vaccine」Vol.1

終了
20210411(日)
0411(日)
end

イベント情報

出演者
  • 松浦雅也
  • 大野貴博
開催概要

バイナルがリバイバル、ブームと言われる昨今ですが、内容が魅力的で、音質に優れた盤を、良い音環境で聴く、こんなことはなかなか難しいのが現状ではないでしょうか?
バイナル当時の音を、レコーディングの現場や放送番組などを通して実体験として“うっすら”記憶する2人が、その後のデジタル化の洗礼を十分に受け続けた約40年後、お気に入りの盤を持ち寄って聴くささやかな会を開いているうちに、“やっぱり優れているよね!”と盛り上がり、コレはもっと……特に若い人たちにも聴いていただこうと考るに至り、「Viva! Vinyl Vaccine (ビバ!バイナル・ヴァクシン 万歳! 媒鳴爆新)」を開催する運びとなりました。
国や年代、音楽ジャンルを飛び越えて、盤質の良いアナログレコードを探し出し、音質の優れた機材と空間で、ターンテーブルから飛び出す心のVaccine (?)となる音を楽しむ場です。
1人はミュージシャンでゲームクリエイター、1人はレコード会社のサラリーマン。決してマニアックではない2人が、音の洪水に身をまかせながら、あーでもないこーでもないとV V V(ブイブイヴイ)と語り合います。第一回の今回は主に1980年前後の優れた盤をかける予定です。心地よくグッタリするまでどうぞご一緒に〜。

<開催概要>
日程:2021年4月11日(日) 15:00-(1時間半くらいを予定)
入場料:3,000円(税込)
定員:10名
会場:御茶ノ水RITTOR BASE
機材協力:ADAM AUDIO、audio-technica
*当日、トーク部分+αはRITTOR BASE Webにて無料配信を行います。

出演者プロフィール
  • 松浦雅也
    打ち込み音楽の先駆け的男女ユニットPSY・S(サイズ)で1985年にデビュー。作曲・サウンド面のすべてを担当。PSY・S解散後の1996年、プレイステーション向けゲームソフト「パラッパラッパー」をリリース。音楽ゲームの先駆となり70カ国以上でリリースされる。1993年より株式会社七音社代表取締役。
  • 大野貴博
    NHK FM「サウンドストリート」(月:佐野元春、火:坂本龍一、水:甲斐よしひろ)のアシスタントディレクターを経て、フリーのラジオディレクターとなる。その後、その番組のレギュラーパーソナリティを松浦氏が務めたことが縁で1987年CBSソニー入社。制作ディレクターとして10数年。新人発掘セクションで15年。現在、次世代ロック研究開発室勤務。

これから開催するイベント

このウェブサイトについて
RITTOR BASEで開催のイベントのうち、生配信を行っているものはこのサイト上でもご覧いただけます。詳しくはイベント情報をご確認ください。