Online Talk feat. evala “Memories of journey, the future of spatial acoustics – See by Your Ears”

終了
20210911(土)
22:00-23:00 JST
end

イベント情報

出演者
  • evala (See by Your Ears)
  • 久保二朗
  • 戸村朝子
開催概要
RITTOR BASEで行われた公演をもとに制作されたevalaの空間音響アルバム『聴象発景 in Rittor Base – HPL ver』が、国際賞Prix Ars Electronica 2021を受賞したことを記念し、9月11日 (土) 20時と12日 (日) 24時、RITTOR BASEから特別なパフォーマンスを世界配信するevala。そのプロダクションについてはもちろん、これまでのevalaの活動全般についてを振り返るトークイベントを9月11日 (土) の22時〜23時に開催します。
登壇者はevalaに加え、立体音響の第一人者であるサウンドエンジニアの久保二朗、そしてGarden TOKYO企画ディレクターである戸村朝子がモデレーターを務めて行います。
下記、YouTubeライブにて無料配信を行いますので、ぜひともご覧ください。
日本語
英語同時通訳(English)
出演者プロフィール
  • evala (See by Your Ears)
    音楽家、サウンドアーティスト。新たな聴覚体験を創出するプロジェクト「See by Your Ears」主宰。立体音響システムを楽器として駆使し、独自の“空間的作曲”によって、先鋭的な作品を国内外で発表。2020年「インビジブル・シネマ(耳で視る映画)」をコンセプトにした話題作『Sea, See, She ーまだ見ぬ君へ』をスパイラルホール(東京・表参道)にて世界初上映し、第24回文化庁メディア芸術祭アート部門にて優秀賞を受賞。2021年1月にリリースした空間音響アルバム『聴象発景 in Rittor Base – HPL ver』が、国際賞プリ・アルスエレクトロニカ2021 Digital Musics & Sound Art部門において、栄誉賞を受賞。また公共空間、舞台、映画などにおいて、先端テクノロジーを用いた独創的なサウンドプロデュースを手掛けている。 大阪芸術大学音楽学科・客員教授。
  • 久保二朗
    アナログミキシングコンソールから最先端のデジタルプロセッサーまで、高品位なプロオーディオ機器を幅広く扱うセールスエンジニアとしてキャリアをスタートし、その後ホームシアターやヘッドフォン、さらには研究開発分野での立体音響システム開発など、あらゆる音のフィールドに携わる。2007年、株式会社アコースティックフィールドを設立。現在まで立体音響を中心とする多くの特殊音響システム開発やコンサルティングを行い、その豊富な経験を軸に、サウンドアーティストの立体音響による音楽制作やインスタレーションを技術面からサポートしている。2014年、ヘッドフォンおよびイヤフォンでの音楽リスニングに特化した高音質バイノーラルプロセッシング技術「HPL」を発表。音楽制作の他、放送および配信での普及を目指す。音楽を"作る""聴く"ための新しい環境作りがライフワーク。第26回日本プロ音楽録音賞ハイレゾリューション部門優秀賞をシステムエンジニアとして受賞。[作品:Lenna/細井美裕]サウンドアーティストevalaのプロジェクト「SEE by YOUR EARS」テクニカルディレクター。
  • 戸村朝子
    ソニーグループ株式会社 コーポレートテクノロジー戦略部門 Group1 統括部長
    (株)資生堂 宣伝部コンピューターデザイン室を経て、2001年よりソニー(株)。(株)ソニー・ピクチャーズエンタテインメント、(株)アニプレックスなどで、映画やアニメーションの配信事業構築を担当。その後、CSR部にて社会貢献プロジェクトや、Life Space UX事業を経て、現在は先端技術を用いた先端コンテンツ開発、サステナビリティ、科学技術コミュニケーション等を担当。文化庁メディア芸術クリエイター育成支援事業アドバイザー(2017-2019)。東京大学大学院情報学環 客員研究員。

これから開催するイベント

このウェブサイトについて
RITTOR BASEで開催のイベントのうち、生配信を行っているものはこのサイト上でもご覧いただけます。詳しくはイベント情報をご確認ください。