Ableton and Max Community Japan #019「FMシンセサイザー大全」

Ableton and Max Community Japan #018「Max三大特殊開発者〜Max / Jitter / p5.js / VJ / 音響 / 映像」

終了
20210925(土)
1002(土)
end

イベント情報

出演者
  • 神田川 雙陽(カンダガワ ソウヨウ)
  • Taito Otani
  • mirrorboy
  • AMCJ
開催概要

Ableton LiveとCycling’74 Maxのユーザー・コミュニティ=AMCJ (Ableton and Max Community Japan) が毎月開催するサウンドハッカー向け学習エンタメイベント、18回目は9月25日 (土) 14時からストリーミング生配信にてお届けします。今回のテーマは「Max三大特殊開発者」!!

これまでAMCJでは「サウンドプログラミングツールとしてのMax」にフォーカスしてきましたが、Maxはオーディオに限らず、映像やハードウェアとの通信など、さまざまなもの同士をつなぎ合わせることのできるプログラミング環境です。そんなMaxのポテンシャルをフルに活用しているユーザーの事例を紹介、レクチャーしていきます。

Jitterを用いたVJからサウンド合成への応用まで

mirrorboyは自撮りによって音が変化するシンセサイザー (!?) =「自撮りシンセサイザー」を紹介&解説を行います。Maxを用いて作られた独自のVJソフト「あのタグで待ってる」も開発したJitterエキスパートによる解説です。

p5.jsとMax for Liveの連携!グラフィックから作るサウンド

Taito OtaniはクリエイティブコーティングのためのJavaScriptライブラリであるp5.jsとMax for Liveを組み合わせ、幾何学図形から音を作る方法をレクチャーします。

映像だけじゃない!Jitterでつくる人工知能!

神田川雙陽はJitterの機能をフル活用した自動演奏・作曲を行うパッチの解説から、Jitterの行列演算を駆使した人工知能の作り方まで駆け巡り、映像表現だけに留まらないJitterの可能性を紹介します。

三者三様の独自のMaxの使い方にどうぞご注目ください。
生配信中はチャット欄から講師陣やAMCJ運営陣に直接質問ができます。この機会にぜひ聞きたいことを直接ご質問ください。
イベント終了後、一週間 (10月2日23時まで) は何度でもアーカイブ映像を視聴可能です。多くの方の参加をお待ちしております。

<Ableton and Max Community Japan #018>

日程:2021年9月25日(土) 14:00- 3時間程度を予定(10月2日(土) 23:00まで全編視聴可能)
ストリーミング視聴券:2,200円 (一般) / 1,100円 (学割)
出演:神田川雙陽、Taito Otani、mirrorboy、AMCJ + 國崎晋 (RITTOR BASEディレクター)
主催:Ableton and Max Community Japan / リットーミュージック
協賛:株式会社エムアイセブンジャパン、Cycling’74、Ableton株式会社
お問い合わせ:https://twitter.com/AMCJ_Official/

Cycling ’74 Maxとは
Ableton Max for Liveとは

AMCJ #018 はこんな人におすすめ
・Maxの新たな活用法を知りたい人
・Jitterに興味がある人
・Maxで人工知能を作りたい人
・VJに興味がある人
・p5.jsとMax for Liveを組み合わせた独自のGUI、音作りについて知りたい人

<視聴の際の注意事項>
・本公演はインターネットでの公演となります。閲覧に関わる通信費用はお客様のご負担となります。
・データ量が多くなるため、安定したインターネット環境の利用を推奨します。
・配信ページへのリンクボタンは、開演の約10分前に「イベント視聴ページ」に掲載します。
オンラインイベントの参加方法
・ライブストリーミング中、途中から視聴した場合はその時点からの映像となり、巻き戻しての再生はできません。
・ライブストリーミング後にファイル変換を行うため、1時間ほど視聴できない時間があります。あらかじめご了承ください。

<セキュリティについての注意事項>
本シリーズイベントではチケット購入サービスの「Peatix」を利用していますが、11月17日(火)に運営会社であるPeatix Japan株式会社より、2020年10月16日から17日にかけて行われた不正アクセスによりお客さま情報の一部が引き出されたとの報告がありました。同社は11月15日にアカウントのセキュリティの万全を期すため、全てのパスワードの再設定が必須となる措置を行っていますので、それ以前に当サービスにご登録をされているお客さまにつきましては、ご利用されているパスワードの変更と、同一のパスワードを他社サービスでもご利用されている場合は、念のため変更いただけますようお願いいたします。なお、今回の不正アクセスについての脆弱点への対処は完了しているとの報告を、同社より受けております。
*本件に関するお問い合わせは以下までお願いいたします。
Peatix Japan株式会社 専用カスタマーセンター
受付時間:10:00~18:00
電話:0120-331-367
メールアドレス:cs@peatix.com

出演者プロフィール
  • 神田川 雙陽(カンダガワ ソウヨウ)
    1984年、東京都生まれ。劇作家・舞台音響家/ロボット工学者/劇団粋雅堂主宰。東京工業大学修士課程卒。専門は知能情報学。演劇活動の傍ら、数多くの映像やメディアアートにエンジニアとして参加。人工知能やロボット技術とアート表現の接続点を双方から探求するスタイルで創作を続けてきた。青土社『ユリイカ』誌、太田出版『Quick Japan』等、批評誌やサブカル雑誌、Webメディアでの執筆も行う。大阪大学基礎工学研究科や東京藝大COIの特任研究員として、人型ロボットと演劇表現の研究に従事してきた。現在はフリーランスとしてロボティクスとメディアアートに関わる開発に携わる。新海誠フリーク。
  • Taito Otani
    1995年生まれ。サウンドデザイナー/オーディオビジュアルアーティスト/メディアサイエンス修士。2021年アルバム『Super Sugar』をリリース。自作のMax for Liveデバイスを用いた音響制作やパフォーマンスを行うほか、NINETEEN95 STUDIO名義にて楽曲提供や音響制作を行う。近年は映像、xR、インスタレーションなどメディアテクノロジーを用いたプロジェクトに参加。
  • mirrorboy
    SFC修士(政策メディア)卒業後、ヤマハ、チームラボ、Cerevoなどで試作〜企画〜プロマネなどを経験後、個人事業主として企画・UXデザイン・試作を行う。またコバルト爆弾αΩとして活動。マルチネレコーズから楽曲・音楽NFTリリース、夢眠ねむ、AZUMA HITOMIのリミックス、愛☆まどんなや遠藤一郎のライブペインティングへの技術協力など。山田尚子監督ファン。
  • AMCJ
    Max/MSPとMax for Liveの開発者、学習者向けイベント、slackコミュニティをオーガナイズするグループ。運営メンバーはKentaro Suzuki 、Akiyuki Okayasu、Akihiko Matsumoto。


    Ableton and Max Modular Fes 2021 from RITTOR BASE on Vimeo.

これから開催するイベント

このウェブサイトについて
RITTOR BASEで開催のイベントのうち、生配信を行っているものはこのサイト上でもご覧いただけます。詳しくはイベント情報をご確認ください。