Ableton and Max Community Japan #011「作曲 VS 生成音楽」【限定再配信】

Ableton and Max Community Japan #021「LIVE API」

終了
20211218(土)
1225(土)
end

イベント情報

出演者
  • 草間敬
  • 國崎晋
  • AMCJ
開催概要

Ableton LiveとCycling ’74 Maxのユーザー・コミュニティ=AMCJ (Ableton and Max Community Japan) 、21回目は12月18日 (土) 13時からストリーミング生配信にてお届けします。今回のテーマは「LIVE API」!!
Ableton Liveのちょっとした作業を自分好みにカスタムしたいと思ったことはありませんか?その悩み、Max for Liveが解決します! Max for Liveはエフェクターやシンセを作るだけでなく、Ableton Liveのほぼ全ての機能をプログラム上から使用できます。そんなMax for Liveの機能「LIVE API」にフォーカスして、初歩的なMax for Liveの使い方から、ミュージシャン目線のちょっとしたカスタムまでを実践的に取り扱います。
講師は作編曲やエンジニアとして数多くのアルバム制作に参加し、またサウンド&レコーディング・マガジン誌での執筆活動でも知られる草間敬氏。あくまでミュージシャン目線でのMax for Live活用法に、ぜひご注目ください。
レクチャーに参加された方は、草間氏が作成したMax for Liveデバイスをお持ち帰りできるほか、生配信中はチャット欄から草間氏やAMCJ運営陣に直接質問ができます。この機会にぜひ聞きたいことを直接ご質問ください。

<Ableton and Max Community Japan #021「LIVE API」>
ストリーミング視聴券:2,200円 (一般) / 1,100円 (学割)
出演:草間敬、國崎晋 (RITTOR BASEディレクター)、AMCJ
主催:Ableton and Max Community Japan / リットーミュージック
協賛:株式会社エムアイセブンジャパン、Cycling’74、Ableton株式会社
お問い合わせ:https://twitter.com/AMCJ_Official/

Cycling ’74 Maxとは
Ableton Max for Liveとは

<視聴の際の注意事項>
・本公演はインターネットでの公演となります。閲覧に関わる通信費用はお客様のご負担となります。
・データ量が多くなるため、安定したインターネット環境の利用を推奨します。
・配信ページへのリンクボタンは、開演の約10分前に「イベント視聴ページ」に掲載します。
オンラインイベントの参加方法
・ライブストリーミング中、途中から視聴した場合はその時点からの映像となり、巻き戻しての再生はできません。
・ライブストリーミング後にファイル変換を行うため、1時間ほど視聴できない時間があります。あらかじめご了承ください。

<セキュリティについての注意事項>
本シリーズイベントではチケット購入サービスの「Peatix」を利用していますが、2020年11月17日(火)に運営会社であるPeatix Japan株式会社より、2020年10月16日から17日にかけて行われた不正アクセスによりお客さま情報の一部が引き出されたとの報告がありました。同社は11月15日にアカウントのセキュリティの万全を期すため、全てのパスワードの再設定が必須となる措置を行っていますので、それ以前に当サービスにご登録をされているお客さまにつきましては、ご利用されているパスワードの変更と、同一のパスワードを他社サービスでもご利用されている場合は、念のため変更いただけますようお願いいたします。なお、今回の不正アクセスについての脆弱点への対処は完了しているとの報告を、同社より受けております。
*本件に関するお問い合わせは以下までお願いいたします。
Peatix Japan株式会社 専用カスタマーセンター
受付時間:10:00~18:00
電話:0120-331-367
メールアドレス:cs@peatix.com

出演者プロフィール
  • 草間敬
    25年以上に渡り、作編曲やエンジニアとして数多くのアルバム制作に参加。豊富な知識と経験による独自の手法は、ミュージシャン達からの信頼も厚い。近年はライブオペレーション活動も多く手がけ、AA=, SEKAI NO OWARIなどのライヴでマニピュレートを担当。現在は今井慎太郎とのユニット“mode-rate”で精力的に作品をリリースしつつ、金子ノブアキらとRED ORCAの活動を繰り広げている。
  • 國崎晋
    1963年生まれ。RITTOR BASEディレクター。サウンド・クリエイターのための専門誌『サウンド&レコーディング・マガジン』編集長を20年間務める傍ら、2010年からはPremium Studio Liveと題したライブ・レコーディング・イベントを開始し、収録した音源をハイレゾ・フォーマットで配信するレーベルを展開。2018年末には多目的スタジオ「RITTOR BASE」を開設し、SONYの空間音響技術Sonic Surf VRをフィーチャーしたサウンド・インスタレーション「Touch that Sound!」展やバイノーラルを前提とした配信ライブなど、新たなコンテンツの制作に取り組んでいる。2021年からは株式会社InterFM897社外取締役も務める。
  • AMCJ
    Max/MSPとMax for Liveの開発者、学習者向けイベント、slackコミュニティをオーガナイズするグループ。運営メンバーはKentaro Suzuki 、Akiyuki Okayasu、Akihiko Matsumoto。

これから開催するイベント

このウェブサイトについて
RITTOR BASEで開催のイベントのうち、生配信を行っているものはこのサイト上でもご覧いただけます。詳しくはイベント情報をご確認ください。