Ableton and Max Community Japan #025「身体拡張/OSCワイヤレスコントローラー」

終了
20220410(日)
0424(日)
end

イベント情報

出演者
  • 大黒淳一 | Junichi OGURO
  • AMCJ
開催概要

Ableton LiveとCycling ’74 Maxのユーザー・コミュニティ=AMCJ (Ableton and Max Community Japan) 、4月10日 (日) 14時からストリーミング生配信にてお届けします。今回のテーマは「身体拡張/OSCワイヤレスコントローラー」!!

人は道具を用いて身体性を向上させてきました。ピアノやギターといった楽器は音楽におけるその代表格です。一方で、センサーを用いた新しい音楽インターフェースを作る試みもあり、毎年新製品が発表されていますが淘汰されずに残るのはごく一部です。我々は今後どうやって音楽インターフェースを、また音楽自体を進化させていけばよいのでしょうか?
今回はスマートフォン(iPhone/Android)のセンサーをOSCと呼ばれる無線通信を用いて、音楽に応用する方法をサウンドアーティストの大黒淳一がレクチャーします。身体の有機的な動きを楽曲制作へ応用する方法を、サウンドアーティストならではの視点で紹介するまたとない機会です。どうぞ奮ってご参加ください。

イベント終了後、2週間 (4/2 23時まで) は何度でもアーカイブ映像を視聴可能です。多くの方の参加をお待ちしております。生配信時限定でチャット欄から出演者、AMCJ運営陣に直接質問ができます。この機会にぜひご利用ください。

<Ableton and Max Community Japan #025「身体拡張/OSCワイヤレスコントローラー」>
日程:2022年4月10日(日) 14:00- 3時間程度を予定(4月24日(月) 23:00まで全編視聴可能)
ストリーミング視聴券:2,200円 (一般) / 1,100円 (学割)
出演:大黒淳一、AMCJ
主催:Ableton and Max Community Japan / リットーミュージック
協賛:株式会社エムアイセブンジャパン、Cycling’74
お問い合わせ:https://twitter.com/AMCJ_Official/


Cycling ’74 Maxとは
Ableton Max for Liveとは

AMCJ #025はこんな人におすすめ
・モーションセンサーを楽曲制作に応用したい人
・楽曲に有機的な動きのモジュレーションを加えたい人
・オートメーションを書くのに飽きた人
・MaxプログラミングでOSC、センサーを扱ってみたい人
・よくわからない新しいことに挑戦したい人

<視聴の際の注意事項>

・本公演はインターネットでの公演となります。閲覧に関わる通信費用はお客様のご負担となります。
・データ量が多くなるため、安定したインターネット環境の利用を推奨します。
・配信ページへのリンクボタンは、開演の約10分前に「イベント視聴ページ」に掲載します。
オンラインイベントの参加方法
・ライブストリーミング中、途中から視聴した場合はその時点からの映像となり、巻き戻しての再生はできません。
・ライブストリーミング後にファイル変換を行うため、1時間ほど視聴できない時間があります。あらかじめご了承ください。

<セキュリティについての注意事項>
本シリーズイベントではチケット購入サービスの「Peatix」を利用していますが、2020年11月17日(火)に運営会社であるPeatix Japan株式会社より、2020年10月16日から17日にかけて行われた不正アクセスによりお客さま情報の一部が引き出されたとの報告がありました。同社は11月15日にアカウントのセキュリティの万全を期すため、全てのパスワードの再設定が必須となる措置を行っていますので、それ以前に当サービスにご登録をされているお客さまにつきましては、ご利用されているパスワードの変更と、同一のパスワードを他社サービスでもご利用されている場合は、念のため変更いただけますようお願いいたします。なお、今回の不正アクセスについての脆弱点への対処は完了しているとの報告を、同社より受けております。
*本件に関するお問い合わせは以下までお願いいたします。
Peatix Japan株式会社 専用カスタマーセンター
受付時間:10:00~18:00
電話:0120-331-367
メールアドレス:cs@peatix.com

出演者プロフィール
  • 大黒淳一 | Junichi OGURO
    1974年札幌生まれ。音楽領域を拡張するサウンドアーティスト、作曲家、プロデューサー。幼少から作曲を始めて国内の楽曲コンテストで全国グランプリを受賞する。06年にベルリンへ渡りヨーロッパ各地でSONYやユニクロなど海外CM等の商業音楽から、北京オリンピックや上海万博の音楽プロジェクトを行いながら、現代美術でもサウンドアート、フィールドレコーディング作品の発表を国内外で行っている。そして日本初となる43.4chの立体音響商業施設、コニカミノルタプラネタリウムを手掛け番組の音楽監督も務める。Ableton認定トレーナー、2021年札幌文化奨励賞、札幌大谷大学 音楽学科 教授。
  • AMCJ
    Max/MSPとMax for Liveの開発者、学習者向けイベント、slackコミュニティをオーガナイズするグループ。運営メンバーはKentaro Suzuki 、Akiyuki Okayasu、Akihiko Matsumoto。

これから開催するイベント

このウェブサイトについて
RITTOR BASEで開催のイベントのうち、生配信を行っているものはこのサイト上でもご覧いただけます。詳しくはイベント情報をご確認ください。