Ableton and Max Community Japan #032「Max/M4Lユーザーのためのプラグイン開発入門」

『特撮黄金時代 円谷英二を継ぐもの』発売記念:八木毅+中堀正夫トークイベント

終了
20221016(日)
1031(月)
end

イベント情報

出演者
  • 八木 毅(やぎ たけし)
  • 中堀正夫(なかぼり まさお)
開催概要

書籍『特撮黄金時代 円谷英二を継ぐもの』(立東舎)の発売を記念して、著者の八木毅監督と中堀正夫キャメラマンのトークイベントを開催します。

RITTOR BASE(御茶ノ水)でのリアル観覧券は10枚のみなので、お早めにお申し込みを。
*残り1枚となりました(9/20午前7時45分現在)
オンラインでも観覧可能ですので、ふるってご参加ください。

【当日のタイムスケジュール】
2022年10月16日(日曜)
14:15 RITTOR BASE開場
14:30 イベント開始
16:00 イベント終了
*アーカイブ配信は10月30日(日曜)まで視聴可能です

なおRITTOR BASEでは、ご希望の方には書籍への八木監督のサイン入れも対応いたします。
現地でも書籍の販売は予定しておりますが(現金のみ)、すでにご購入の書籍でもお持ちいただけましたら、
サインは可能です( 今回は八木毅監督の著書以外へのサインはご遠慮ください)。

【会場で参加される場合】
RITTOR BASE観覧チケットをご購入の上、御茶ノ水RITTOR BASEにお越しください。
*会場で参加できるのは「RITTOR BASE観覧チケット」を購入された方のみです。「配信観覧チケット」では会場参加はできませんので、チケット購入の際にはお間違えの無いようお気を付けください。
会場:御茶ノ水 RITTOR BASE 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-1 お茶の水クリスチャン・センターB1

『特撮黄金時代 円谷英二を継ぐもの』
八木毅
A5正寸/352P/定価2,750円(本体2,500円+税)

出演者プロフィール
  • 八木 毅(やぎ たけし)
    早稲田大学シネマ研究会で映画を研究し、卒業後に円谷プロダクションに入社。高野宏一特技監督、満田かずほ(禾へんに斉)監督に師事し監督、特技監督、プロデューサーとなる。代表作に『ウルトラマンマックス』『ULTRASEVEN X』『大決戦!超ウルトラ8兄弟』『ウルトラマンガイア』『ウルトラQ dark fantasy』『都市伝説セピア』『SD ガンダムフォース』『霊魔の街』など。2007年に独立して現在はフリー。海外の仕事も多い。著書に『ウルトラマンマックス 15年目の証言録』『ウルトラマンティガ 25年目の証言録』『ウルトラマンダイナ 25年目の証言録』(編)がある。
  • 中堀正夫(なかぼり まさお)
    1943年、東京生まれ。日本大学芸術学部映画学科卒業後、円谷特技プロダクションに入り『ウルトラマン』の特撮部助手よりスタートする。そこで実相寺昭雄監督と出会い、『ウルトラセブン』『怪奇大作戦』と続き大きな影響を受ける。その後、映画ATG作品『無常』(1970)、『曼荼羅』(1971)に参加。1971年にテレビ映画『シルバー仮面』でキャメラマンとなり、1972年ATG3部作のラストとなる『哥』で映画キャメラマンデビューとなる。その後、映画、CM、テレビ作品を撮り続けている。

これから開催するイベント

このウェブサイトについて
RITTOR BASEで開催のイベントのうち、生配信を行っているものはこのサイト上でもご覧いただけます。詳しくはイベント情報をご確認ください。