See by Your Ears presents “Hacking Tone Streaming”

渋谷慶一郎、初の無観客ピアノソロコンサート・ライブ配信 / Keiichiro Shibuya – Live Concert Streaming

終了
20200925(金)
1003(土)
end

イベント情報

出演者
  • 渋谷慶一郎
開催概要

2020年9月11日にリリースされた『ATAK024 Midnight Swan』の発売を記念して渋谷慶一郎が初のライブ配信による無観客のピアノソロコンサートを行います。当日は映画「ミッドナイトスワン」のサウンドトラックに加え、「SPEC」や「告白」など今までに渋谷が手掛けた映画音楽を中心に、アンドロイドオペラ『Scary Beauty』などの近作を含めた様々な楽曲を演奏します。Rittor Baseの音響システムによる最高音質のライブ配信をお届けします。

*チケットご購入の方は、10/3 0:00まで何度でもご視聴いただけます。

[ENGLISH]
To celebrate the release of “ATAK024 Midnight Swan” which was released on September 11, Keiichiro Shibuya will perform his first live-streamed, non-audience concert. In addition to the soundtrack of the movie Midnight Swan, he will perform a variety of music from films he worked on, including SPEC and Confessions, as well as recent works such as the Android Opera “Scary Beauty”. We will bring you the best quality of the sounds through the live feed.

———————————————————————————————
Keiichiro Shibuya Playing Piano in the Distanceについて

僕はコロナ禍に突入してから急増したオンラインによるライブ配信を一切やらなかった。
特に承認欲求の延長のような中途半端な配信には一番興味が持てず、逆に今までやってきたピアノソロのコンサートのクオリティを維持、更新しつつ新しい試みが出来る機会を待っていた。
とはいえ、実際にはコンサートやライブ配信のことを考える余裕もなく「Super Angels」という新作オペラの制作に没頭していて、その合間に映画「ミッドナイトスワン」のサウンドトラックを一週間で完成させた。それは結果的に『ATAK015 for maria』以来11年ぶりのピアノソロアルバムとなる『ATAK024 Midnight Swan』としてこの9月11日にリリースすることができた。

アルバムが完成しマスタリングを終えた音源をいつものようにRittor Baseの國崎さんに送ると、即レスでこのアルバムのライブ配信をウチでやらないかという提案が戻ってきた。
この誘いには乗ったほうがいいと直感的に思った。ここなら僕が今までピアノソロのコンサートでやってきた最高音質の追求と配信にカスタマイズされたバーチャルな音場、音響の生成のミックスが可能になる、そんなことを想像して興奮したのがライブの準備をしている今でも続いている。

当日のサウンドエンジニアにはアルバムのミックスを担当してくれた葛西敏彦君を迎えて、彼が熟知しているRittor Baseに搭載されているリヴァーブや様々なエフェクトを駆使して自宅にいながらホールで聴くのとは別の臨場感を実現したいと思っている。
ピアノはB-tech Japanの協力により僕が最も好きな機種であるベーゼンドルファーを持ち込めることになったのは望外の喜びである。
また、Rittor Baseに常設してあるエレクトリックピアノであるWaldorf Zarenbourgと、現在僕が最も注目している昨年発表されたシンセサイザーのmoog oneも使い、曲によって弾き分けたいと思っている。

曲目は映画「ミッドナイトスワン」からの曲に加えて「SPEC」や「告白」のサウンドトラックなど、今までに手がけた映画音楽や近作を中心に演奏したいと思っている。
僕たちは無限に無数に離れているけど耳と目だけで繋がっている。グレン・グールドが見た夢の続きを見ることができるかもしれない。

渋谷慶一郎
2020.09.18 AM2:05
———————————————————————————————

<Keiichiro Shibuya Playing Piano in the Distance>

開催日時:2020年9月25日 (金) 22:00 START
ストリーミング視聴券:2,000円 (前売)/3,000円 (当日以降)

DATE: Sep 25th, 2020 10:00PM START (JST)
TICKET FOR STREAMING: 2,000JPY (Advance)/3,000JPY (After 25th-)

<視聴の際の注意事項>
・本公演はインターネットでの公演となります。閲覧に関わる通信費用はお客様のご負担となります。
・データ量が多くなるため、安定したインターネット環境の利用を推奨します。
・配信URLのリンクとパスワードは、開演の約30分前に「イベント視聴ページ」に掲載します。「イベント視聴ページ」は、チケットご購入後にPeatixから送られるメールにリンクボタンが記載されていますので、そちらからアクセスしてください。
オンラインイベントの参加方法
・配信はVimeoを使って行います。動作環境については下記のサイトにてご確認ください。
Vimeo動作環境
・ライブストリーミング中、途中から視聴した場合はその時点からの映像となり、巻き戻しての再生はできません。
・アーカイブは2020年10月3日0時まで視聴可能です。
・ライブストリーミング後にファイル変換を行うため、1時間ほど視聴できない時間があります。あらかじめご了承ください。

出演者プロフィール
  • 渋谷慶一郎
    東京藝術大学作曲科卒業、2002年に音楽レーベル ATAKを設立。作品は先鋭的な電子音楽作品からピアノソロ 、オペラ、映画音楽 、サウンド・インスタレーションまで多岐にわたる。2012年、初音ミク主演による人間不在のボーカロイド・オペラ『THE END』を発表。同作品はパリ・シャトレ座での公演を皮切りに現在も世界で公演が行われている。2018年にはAIを搭載した人型アンドロイドがオーケストラを指揮しながら歌うアンドロイド・オペラ『Scary Beauty』を発表、日本、ヨーロッパ、UAEで公演を行う。2019年9月にはアルス・エレクトロニカ(オーストリア)で仏教音楽・声明とエレクトロ二クスによる新作『Heavy Requiem』を披露。人間とテクノロジー、生と死の境界領域を作品を通して問いかけている。2021年8月には新国立劇場で新作オペラ作品『Super Angels』を発表予定。最近では、9月25日公開予定の草彅剛主演映画 「ミッドナイトスワン」の音楽を担当、本作のために書き下ろしたメインテーマが予告編と同時に発表された。

これから開催するイベント

このウェブサイトについて
Rittor Baseで開催のイベントのうち、生配信を行っているものはこのサイト上でもご覧いただけます。詳しくはイベント情報をご確認ください。