Ableton and Max Community Japan #028「Live Coding 2022」

ROTH BART BARON HOWL SESSION – online – vol.5 Guest: TAIHEI (Keyboard)

終了アーカイブ動画
20210322(月)
0328(日)
end

アーカイブ動画

PLAY

イベント情報

出演者
  • ROTH BART BARON
  • TAIHEI
開催概要

ツインギターの衝撃冷めやらぬまま、早くも HOWL SESSION -online- vol.5の開催が決定。今回はなんと!Suchmosの鍵盤奏者TAIHEIが参加します!! ROTH BART BARONを長きにわたり鍵盤で支える西池達也とのツインキーボードでお届けするvol.5、そもそも日本ではここRITTOR BASEでしかお目にかかれない激レアなエレクトリックピアノ=WALDORF Zarenbourgに加え、本物のRHODESや SEQUENTIAL Prophet-6 & REV2、さらにはMOOG Sub37などを持ち込んでのサウンドデザイン。おなじみのメンバー岡田拓郎(gt) & 工藤明(dr) とともに、ロットのバンドサウンドは俄然カラフルに変貌します。決してギークにはならず、爽やかでセンチメンタルな月曜の夜、驚くほど没入感のあるHPLプロセッシングによりバイノーラル化された配信をどうぞお楽しみください。

<HOWL SESSION – online – vol.5>
開催日時:2021年3月22日 (月) 21:00- (1時間強を予定。アーカイブは2021年3月28日23時まで視聴可能)
ストリーミング視聴券:1,000円
出演:ROTH BART BARON (三船雅也 vo&gt / 西池達也 keyboard / 工藤明 drum)  Guest: TAIHEI (Keyboard) *当初予定していた岡田拓郎は不参加となりました。

出演者プロフィール
  • ROTH BART BARON
    シンガーソングライターの三船雅也が2008年に結成したインディーフォークバンド。2014年7月にリリースしたデビューアルバム『ROTH BART BARON'S The Ice Age』は、共同プロデューサーにブライアン・マクティアーを、ミキシングエンジニアにジョナサン・ローを迎え、ペンシルベニア州フィラデルフィアのマイナー・ストリート・レコーディングスに1カ月間滞在しながらレコーディングされた。2015年にはモントリオールのHotel 2 Tangoスタジオに滞在し、2ndアルバム『Atom』を制作。フジロックフェスティバルやSUMMER SONICにも出演した。2019年に4thアルバム『けものたちの名前』をリリースして各方面から絶賛され、アジアン・カンフー・ジェネレーションのフロントマンである後藤正文が設立したApple Vinegar Music Award 大賞を受賞した。
    これまでにアメリカツアー2回、中国ツアー、タイでの「Big Mountain Music Festival '15」、モンゴルでの「PLAYTIME FESTIVAL '16」、2017年2月は「Celebration David Bowie 2017」ワールドツアーの東京公演に出演するなど、日本のみならず世界にその活動範囲を広げている。
  • TAIHEI
    1992年7月4日、富山県氷見市生まれ。母親が音楽教室の先生をしていた影響で2歳からエレクトーンを学ぶ。Suchmosの鍵盤奏者。2013年から2018年までSANABAGUN.に在籍。クラシック音楽のみならず、ROCK、JAZZ、R&B、HIP-HOPなどの幅広い音楽に習熟している。現在、ソロアーティストとして制作活動、自身がリーダーを務めるトリオでの活動を行なっている。
    [主な使用機材] RHODES MarkⅡ Suitcase、YAMAHA CP70、HAMMOND XK-5、LESLIE 147、SEQUENTIAL Prophet-6、MOOG Sub37、KORG Kronos X、YAMAHA MOTIF XS7

これから開催するイベント

このウェブサイトについて
RITTOR BASEで開催のイベントのうち、生配信を行っているものはこのサイト上でもご覧いただけます。詳しくはイベント情報をご確認ください。