Ableton and Max Community Japan #032「Max/M4Lユーザーのためのプラグイン開発入門」

Ableton and Max Community Japan #031「野生の信号処理」

終了
20221015(土)
1030(日)
end

イベント情報

出演者
  • 松浦知也
  • AMCJ
開催概要

Ableton LiveとCycling ’74 Maxのユーザー・コミュニティ=AMCJ (Ableton and Max Community Japan)が開催するサウンドハッカー向け学習エンタメイベント。ストリーミング配信に加えて、「会場参加券」を用意し有観客イベントとして復活しました。今月のテーマは「野生の信号処理」!!

オーディオプログラミングには2種類の難しさがあります。1つはプログラムの文法などのプログラミング自体の難しさです。これは資料やチュートリアルで丁寧に説明されるので比較的学びやすいです。もう1つの難しさは「信号処理自体」の難しさです。信号処理を学ぶためには背景となる基礎知識を求められることが多くあります。チュートリアルをなぞることはできるがオリジナルのエフェクトを作ることができない、といったよくある悩みもベースとなる知識が身についていると乗り越えられます。

例えば、エンベロープフォロワーで音量を操作するのがコンプレッサーですが、それを音量ではなく他のパラメーターに割り当てると…というように考えていくだけでオリジナルのエフェクトを作れます。
今回はそうしたオリジナルのエフェクトを作るための基礎体力を身につける回です。講師には信号処理のエキスパートである松浦知也を迎えました。

イベント終了後2週間 (10/30 23時まで) は、会場参加されたお客様も含め、何度でもアーカイブ視聴できます。また生配信時にはチャット欄から出演者、AMCJ運営陣に直接質問ができます。この機会にぜひご利用ください。

<Ableton and Max Community Japan #031「野生の信号処理」>
日程:2022年10月15日(土) open 13:45 / start 14:00 (3時間程度を予定)
会場参加券(アーカイブ視聴も可能):3,300円 (一般) / 2,200円 (学割)
オンライン視聴券:2,200円 (一般) / 1,100円 (学割)
アーカイブ配信期限:2022年10月30日(日)23時まで
出演:松浦知也、AMCJ
主催:Ableton and Max Community Japan / リットーミュージック
協賛:株式会社エムアイセブンジャパン、Cycling’74
お問い合わせ:https://twitter.com/AMCJ_Official/

Cycling ’74 Maxとは
Ableton Max for Liveとは

AMCJ #031はこんな人におすすめ
・オリジナルのエフェクトを作りたい人
・信号処理を何から勉強したらいいのか分からない人
・gen~やFaustについて知りたい人

講師からのメッセージ
MaxやDSPを勉強し始めて、とりあえずチュートリアルやサンプルプログラムをなぞってみたけどその後どうしたらいいかわからない、動いているけどどういう仕組みなのかよくわからないということ、ありませんか? 信号処理は独学で勉強するにも、まず何を調べればいいのかわかりにくい学問です。この講義ではMaxと共にgen~や信号処理特化プログラミング言語Faustを使って、基本的な信号処理を自分で組み立てながら、自分で思い通りのエフェクトを作る道を切り開くための体力を作ります。

【会場で参加される場合】
会場参加チケットをご購入の上、御茶ノ水RITTOR BASEにお越しください。
*会場で参加できるのは「会場参加券」を購入された方のみです。「オンライン視聴券」では会場参加はできませんので、チケット購入の際にはお間違えの無いようお気を付けください。
会場:御茶ノ水 RITTOR BASE 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-1 お茶の水クリスチャン・センターB1
Google Maps

【オンライン視聴の際の注意事項】
・本公演はインターネットでの公演となります。閲覧に関わる通信費用はお客様のご負担となります。
・データ量が多くなるため、安定したインターネット環境の利用を推奨します。
・配信ページへのリンクボタンは、開演の約10分前に「イベント視聴ページ」に掲載します。
オンラインイベントの参加方法
・ライブストリーミング中、途中から視聴した場合はその時点からの映像となり、巻き戻しての再生はできません。
・ライブストリーミング後にファイル変換を行うため、1時間ほど視聴できない時間があります。あらかじめご了承ください。

<セキュリティについての注意事項>
本シリーズイベントではチケット購入サービスの「Peatix」を利用していますが、2020年11月17日(火)に運営会社であるPeatix Japan株式会社より、2020年10月16日から17日にかけて行われた不正アクセスによりお客さま情報の一部が引き出されたとの報告がありました。同社は11月15日にアカウントのセキュリティの万全を期すため、全てのパスワードの再設定が必須となる措置を行っていますので、それ以前に当サービスにご登録をされているお客さまにつきましては、ご利用されているパスワードの変更と、同一のパスワードを他社サービスでもご利用されている場合は、念のため変更いただけますようお願いいたします。なお、今回の不正アクセスについての脆弱点への対処は完了しているとの報告を、同社より受けております。
*本件に関するお問い合わせは以下までお願いいたします。
Peatix Japan株式会社 専用カスタマーセンター
受付時間:10:00~18:00
電話:0120-331-367
メールアドレス:cs@peatix.com

出演者プロフィール
  • 松浦知也
    SoundMaker:音や音楽を作り、またそのための環境やシステムを作る人。音楽のためのプログラミング言語「mimium」の設計と開発をする一方、ハウリングだけで音を出す電子楽器「Exidiophone」を作って、コンピューターを全く使わない演奏活動もしている。最近は存在しない学問「音楽土木工学」の研究者として論文を書いたりしつつ、趣味でパンを焼いている。博士(芸術工学)。2022年より東京藝術大学藝術情報センター特任助教。1994年生。
  • AMCJ
    Max/MSPとMax for Liveの開発者、学習者向けイベント、slackコミュニティをオーガナイズするグループ。運営メンバーはKentaro Suzuki 、Akiyuki Okayasu、Akihiko Matsumoto。

これから開催するイベント

このウェブサイトについて
RITTOR BASEで開催のイベントのうち、生配信を行っているものはこのサイト上でもご覧いただけます。詳しくはイベント情報をご確認ください。