Ableton and Max Community Japan #050「Live12 MIDI生成M4L開発」

Special Live 大友良英+小山田圭吾 2nd set

終了
20230408(土)
0415(土)
end

イベント情報

出演者
  • 大友良英
  • 小山田圭吾
開催概要

大友良英と小山田圭吾……ともにポップからエクスペリメンタル、メジャーからマイナーまで、幅広い音楽シーンにかかわるギタリスト/サウンドクリエイターとして活躍している2人だが、意外なことにこれまでほとんど接点が無かった。それが今年の元日に放送されたJ-WAVEの人気番組「レディオ・サカモト」で、病気療養中の坂本の代演として小山田圭吾がホストを務めた際、ゲストとして大友良英が招かれ、ほぼ初対面的なトークの中で意気投合。“そのうち即興で何かやりませんか”との大友の申し出に、小山田も「それはすごく嬉しいです」と即答。ここにデュオによる即興演奏ライブが実現することとなった。

2人は昨年11月にリリースされた世界中のミュージシャンによる坂本龍一へのトリビュートアルバム『A Tribute to Ryuichi Sakamoto – To the Moon and Back』に参加し、大友は「WITH SNOW AND MOONLIGHT – SNOW, SILENCE, PARTIALLY SUNNY」を、小山田は「THATNESS AND THERENESS」をそれぞれ斬新な解釈で再構築していた。そんな2人が坂本龍一のラジオ番組をきっかけとして実現するこの即興演奏、きっと“坂本龍一の音楽”が重要なキーワードとなることだろう。

ライブは1st(16時開演)と2nd(19時開演)の2セットを開催。即興演奏という性格上、まったく違った内容となることは間違い無く、どちらも見逃せないものとなること請け合いだ。

<Special Live 大友良英+小山田圭吾 2nd set>
開催日時:2023年4月8日 (土) 開場 18:45- / 開演  19:00-
会場参加券:5,500円(限定30席)
オンライン視聴券:3,300円
チケットの申込みはこちら
*チケット販売は3月25日12時開始となります。
*会場参加券、オンライン視聴券ともに4/15 23時まで1stセットのアーカイブ視聴が可能です。
会場:御茶ノ水 RITTOR BASE (JR御茶ノ水駅 徒歩2分)
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-1 お茶の水クリスチャン・センターB1
会場地図

1stセットのチケット(会場参加券、オンライン視聴券)の申込みはこちらから

出演者プロフィール
  • 大友良英
    1959生まれ。映画やテレビの音楽を数多く作りつつ世界各地のノイズや即興の現場がホームの音楽家。ギタリスト、ターンテーブル奏者。美術と音楽の間のような作品から、一般参加のプロジェクトも多数。長年にわたりアジア各地の音楽によるネットワークづくりにも奔走。震災後は故郷の福島でも活動。2013年「あまちゃん」の音楽を担当。2017年札幌国際芸術祭の芸術監督。2019年福島市を代表する夏祭り「わらじまつり」の改革も手がける。2022年は映画「犬王」ドラマ「エルピス」などの音楽を担当、また大友良英スペシャル・ビッグバンド6年ぶりのアルバム「Stone Stone Stone」をリリースしている。
  • 小山田圭吾
    1969年、東京生まれ。1989年にフリッパーズギターのメンバーとしてデビュー。バンド解散後、1993年、Corneliusとして活動をスタート。現在まで6枚のオリジナルアルバムをリリース。自身の活動以外にも、国内外多数のアーティストとのコラボレーションやREMIX、
    インスタレーションやプロデュースなど幅広く活動中。

これから開催するイベント

このウェブサイトについて
RITTOR BASEで開催のイベントのうち、生配信を行っているものはこのサイト上でもご覧いただけます。詳しくはイベント情報をご確認ください。