Ableton and Max Community Japan #050「Live12 MIDI生成M4L開発」

Ableton and Max Community Japan #042「DSP道場 〜gen~で学ぶ信号処理〜」

終了
20230917(日)
1001(日)
end

イベント情報

出演者
  • fendoap
  • AMCJ
開催概要

fendoapによる音で理解する信号処理&数学レクチャー再び!

回の特集は「フィルターやEQにまつわる信号処理&数学」! AMCJらしく極力難しい数式を避けたgen~を用いた音を聴きながらのレクチャーですので、数学に苦手意識のある方も安心です。

講師には多角形シンセやリバーブの解説でも好評を博したfendoapを迎えます。イベント終了後2週間は、会場参加されたお客様も含め、何度でもアーカイブ視聴できます。また生配信時にはチャット欄から出演者、AMCJ運営陣に直接質問ができます。この機会にぜひご参加ください。

<Ableton and Max Community Japan #042「DSP道場 〜gen~で学ぶ信号処理〜」>
日程:2023年9月17日(日) open 13:45 / start 14:00 (3時間程度を予定)
アーカイブ配信期限:2023年10月1日(日)23時まで
出演:fendoap
主催:Ableton and Max Community Japan / リットーミュージック
協賛:株式会社エムアイセブンジャパン、Cycling’74
お問い合わせ:https://twitter.com/AMCJ_Official/

AMCJ #042はこんな人におすすめ
・信号処理や数学に興味があるMax初心者〜中級者
・gen~の使い方を知りたい人
・信号処理に詳しくなって引き出しを増やしたいMaxユーザー

イベントに参加したら学べること
・フィルターやEQの実装
・フィルターのGUIやビジュアライズの実装
・gen~の使い方
・信号処理や音に関するtips

endoap出演回を限定再配信!
開催を記念して、過去のfendoap出演回を期間限定で再配信いたします。
Ableton and Max Community Japan #024「多角形シンセの魔力」
Ableton and Max Community Japan #033「リバーブで学ぶ数学」
見逃してしまっていた方も、もう一度復習したい方もこの機会をぜひお見逃しなく!

*9/16には、fendoapが新宿の落合soupにてライブパフォーマンスを披露します。是非こちらも合わせてご覧ください。
tokinogake night

AMCJは初心者歓迎の場です。会場参加券ご購入のお客様は以下のソフトウェアをダウンロードの上パソコンをご持参いただくことをお勧めします。
Cycling’74 / Max8(デモ版でも可)
Ableton Live(デモ版でも可)
会場は机、椅子、電源、インターネット完備となります。

fendoapから参加者へのメッセージ

gen~は信号処理やサウンドプログラミングを学ぶ際の環境として適しています。信号処理のトピックから学習題材としてBiquadフィルタを中心に取り上げ、gen~によるフィルタの実装を通して、周波数特性の可視化や伝達関数などに触れます。

【会場で参加される場合】
会場参加チケットをご購入の上、御茶ノ水RITTOR BASEにお越しください。
*会場で参加できるのは「会場参加券」を購入された方のみです。「オンライン視聴券」では会場参加はできませんので、チケット購入の際にはお間違えの無いようお気を付けください。
会場:御茶ノ水 RITTOR BASE 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-1 お茶の水クリスチャン・センターB1
Google Maps

【オンライン視聴の際の注意事項】
・閲覧に関わる通信費用はお客様のご負担となります。
・データ量が多くなるため、安定したインターネット環境の利用を推奨します。
・配信ページへのリンクボタンは、開演の約10分前に「イベント視聴ページ」に掲載します。
オンラインイベントの参加方法
・ライブストリーミング中、途中から視聴した場合はその時点からの映像となり、巻き戻しての再生はできません。
・ライブストリーミング後にファイル変換を行うため、1時間ほど視聴できない時間があります。あらかじめご了承ください。

出演者プロフィール
  • fendoap
    Maxで音などを制作している。Max for liveデバイスなどを制作している。Arduinoとmozziで楽器などを制作したり、faustとJUCEでVSTなど制作したりMaxのgen~で数値計算を試してみたりしている。Buffer Zoneや時の崖から音源をリリース。AudiobulbでMax for liveデバイスをリリース。
  • AMCJ
    Max/MSPとMax for Liveの開発者、学習者向けイベント、slackコミュニティをオーガナイズするグループ。運営メンバーはKentaro Suzuki 、Akiyuki Okayasu、Akihiko Matsumoto。

これから開催するイベント

このウェブサイトについて
RITTOR BASEで開催のイベントのうち、生配信を行っているものはこのサイト上でもご覧いただけます。詳しくはイベント情報をご確認ください。