Ableton and Max Community Japan #047「Hyper J-Trad」

IMMERSIVE SURROUNDABOUT vol.1

終了
20231125(土)
14:00-17:00 JST
end

イベント情報

出演者
  • 片山 伸
  • 鮎澤 裕之(ソニーミュージック)
開催概要

プログレの名曲をハイクオリティ&イマーシブなサウンドで体験!

1970年代に生まれ、その後の音楽シーンをリードし、今なおディープなファンを心をとらえて放さないプログレッシブ・ロック。オリジナルのリリースから50年以上経った現在、きら星のように輝く当時の音源は最新技術でリマスターされると同時に、5.1chサラウンドやDolby Atmosなどのイマーシブサウンド・ミックスが施され、新たな姿となって我々の前に姿を現しています。
しかし、一般家庭で5.1chやDolby Atmos環境を整えるのはなかなか大変なこと。そこで、本年「ピンク・フロイド『狂気』Dolby Atmos版体験会」の開催で話題となった御茶ノ水RITTOR BASEにて、定期的にプログレのサラウンド〜イマーシブサウンド・ミックスを体験する会、その名も「Immersive Surroundabout」をレギュラー開催することにしました!
案内人としてお招きするのはプログレ評論家として名高い片山伸氏。毎回ゲストともに豊富な知識に裏打ちされた濃いトークを展開しつつ、プログレの新たなサウンドフィールドを皆さまとともに楽しんでいきます。
初回となるvol.1はゲストにソニーミュージックの鮎澤裕之氏を迎え、プログレ芳醇の年として知られる1973年にリリースされた音源にフォーカス。キング・クリムゾンか?ピンク・フロイドか?…永遠の対決が50年の時を経て決着を迎えます!

<体験予定楽曲>
●マイク・オールドフィールド「チューブラー・ベルズ(パート1)」
●キング・クリムゾン「放浪者」
●ピンク・フロイド「タイム」
●エマーソン・レイク・アンド・パーマー「悪の教典#9 第1印象 パート1」
●ジェネシス「ザ・シネマ・ショウ」
●イエス「儀式」
●ジェスロ・タル「メモリー・バンク」
●ホークウィンド「マスター・オブ・ザ・ユニバース(ライヴ)」
(曲は予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください)

<開催概要>
開催日:11月25日(土) 14時〜17時
*開場は開演の15分前で、入場券の整理番号順のご入場になります。
会場:御茶ノ水RITTOR BASE 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-1 お茶の水クリスチャン・センターB1

<新型コロナウイルス感染拡大防止に関してのご案内>
・ご来場にあたっては、入口での検温・手指消毒の実施、マスク着用の義務付け、飲食の制限、開演中の歓声・声援の制限などを実施します。ご協力いただけない場合、ご入場をお断り、またはご退席をお願いすることもございますので、あらかじめご了承ください。
・または体調が優れなかったり37.5度以上発熱がある場合、また新型コロナウイルス感染症陽性とされた方との濃厚接触がある場合はご来場をお控えください。
・今後、厚生労働省及び行政機関また各自治体からの公演開催自粛要請があった場合を含め、開催が困難となった場合には公演を延期もしくは中止する場合がございます。
・なお今後の状況により、開場開演時間や席数などの変更があることがございます。予めご了承ください。
・延期や中止の場合以外、チケットの払い戻しを原則行いません。ご理解の上、ご購入をお願いいたします。

出演者プロフィール
  • 片山 伸
    音楽制作プロデューサー、CD監修者、プログレ専門ライター、レーベル・オーナー。音楽業界歴38年目でアーティスト・マネージメント、原盤制作ディレクター、レコーディング・エンジニア、マスタリング・エンジニアなどを経験。洋楽を中心に3000枚以上のCD制作に関与しているほか、イタリア音楽専門誌ムジカヴィータ・イタリアの発行人をつとめている。
  • 鮎澤 裕之(ソニーミュージック)
    ウェブサイト「otonano」運営担当。ピンク・フロイドほかプログレ関連の執筆多数。

これから開催するイベント

このウェブサイトについて
RITTOR BASEで開催のイベントのうち、生配信を行っているものはこのサイト上でもご覧いただけます。詳しくはイベント情報をご確認ください。